The JADE

DISCOGRAPHY

ALBUM

セカンドアルバム「リヴァイブ」好評発売中!
リヴァイブ 〜生まれ変わるために〜
新生ザ・ジェイドから…いま心に必要な“絆”“愛”“思いやり”をお届けします!

よりパワーアップしたパフォーマンスをお届けするために、新メンバーが加入した新生ザ・ジェイド。小椋佳&筒美京平の初顔合せなど、豪華な作家陣による楽曲を魅惑の歌声でお届けします。
「リヴァイブ」は、TBS系テレビ「ひるおび!」8月度エンディングテーマに決定しました。

<収録内容>
1.リヴァイブ
作詞:小椋 佳/作曲:筒美 京平
2.あなたに逢って
作詞:小椋 佳/作曲:筒美 京平
3.明るい未来
作詞:御徒町 凧/作曲:信長 貴富
4.きみを感じて
作詞:成田 博之/作曲:成田 博之
5.リベルタンゴ
作詞:加藤 登紀子/作曲:アストル・ピアソラ
6.Sentimento
作詞:高野 二郎/作曲:金井 信
7.さくら(独唱)
作詞:森山 直太朗/作曲:森山 直太朗
8.くじらのあくび
作詞:はら たいら/作曲:倉光 薫
9.Elysium 〜ブラームス/間奏曲op.118-2
作詞:黒田 博/作曲:ヨハネス・ブラームス
10.Solo Per Te 〜ドヴォルジャーク/スラヴ舞曲第10番
作詞:樋口 達哉/作曲:アントニン・ドヴォルジャーク
11.世界の言葉でアイ・ラヴ・ユー
作詞:片野 順子/作曲:三枝 成彰
12.ヒスイ jade
詩:寺山 修司/作曲:信長 貴富

■タイトル:リヴァイブ
■価格:¥2,381+税
■発売日:2011年7月27日(水)
■品番:DLCR-11052
■レーベル:MW RECORDS

★「リヴァイブ」全曲紹介
1.リヴァイブ
作詞:小椋佳/作曲:筒美京平

日常のなかで置き去りにされていく大切なもの。でも、人はいくつになっても生まれ変わる事ができる、ということを思い出させてくれる曲。大震災を経験した日本が復興に向かういま、新しく生まれ変わるための力強いメッセージ・ソングです。TBS系テレビ「ひるおび!」8月度エンディングテーマ。

2.あなたに逢って
作詞:小椋佳/作曲:筒美京平

すべてに価値が生まれるのは、あなたに出逢ったからこそ…。優しい詩とメロディが、大切な人の笑顔を、そして、人はひとりでは生きられないということを思い出させてくれます。人生を振り返ったとき、愛する人に歌って欲しいと思うような名曲を、ザ・ジェイドが抒情的に歌いかけます。

3.明るい未来
作詞:御徒町凧/作曲:信長貴富

初めて聴いていてもノスタルジーを感じさせ、胸にキュンと切ない気持を呼び起こします。次世代を担う無二の詩人、御徒町凧の詩が問いかけ、合唱界に彗星のごとく現れて新風を吹き込んだ、若きカリスマ作曲家、信長貴富によるメロディが語りかけます。

4.きみを感じて
作詞:成田博之/作曲:成田博之

“きみ”とは“本当に大切な物”。それに気付くことで“明るい未来”が待っているのではないかという想いが込められています。メンバーの成田博之が作詞・作曲。

5.リベルタンゴ
作詞:加藤登紀子/作曲:アストル・ピアソラ

Astor Piazzolla作曲の、ビート感と美しい旋律をもつ名曲。ザ・ジェイドの情熱的な歌声とバンドネオンの物悲しい音色により、新しいタンゴ曲の魅力が表現されました。

6.Sentimento
作詞:高野二郎/作曲:金井信

イタリアンポップスを彷彿とさせるメロディライン。居なくなってから喪ったものの大きさに気付くという歌詞は、必ずしも男女の恋愛関係だけには留まらないかもしれません。「Sentimento(センティメント)」とはイタリア語で「思い」。メンバーの高野二郎が作詞。

7.さくら(独唱)
作詞:森山直太朗/作曲:森山直太朗

ザ・ジェイドのコンサートで毎回、評判となる季節の名曲メドレー。その“春メドレー”でも歌われた「さくら(独唱)」を新録音。

8.くじらのあくび
作詞:はらたいら/作曲:倉光薫

楽しくて踊りだしたくなるような愉快な曲。沖縄調の、のどかなメロディから一転、間奏では、オペラティックな歌声も交えてころころと変化する、ユニークで不思議なハーモニーに!“NHKみんなのうた”で話題になりました。

9.Elysium 〜ブラームス/間奏曲op.118-2
作詞:黒田博/作曲:ヨハネス・ブラームス

「Elysium(エリーズィウム)」はドイツ語で「楽園」。ギリシャ神話で、神に愛された人々や英雄が死後に住まう至福の楽園を意味します。約束の場所、愛する人が待つ楽園を思い、深い愛を歌いあげます。メンバーの黒田博が作詞。

10.Solo Per Te 〜ドヴォルジャーク/スラヴ舞曲第10番
作詞:樋口達哉/作曲:アントニン・ドヴォルジャーク

せつない男心を描いた作品。哀愁ただようメロディの原曲はスラブ民謡形式で、異国情緒を感じさせます。「Solo per te(ソーロ・ペル・テ)」はイタリア語で「君だけを」という意味。メンバーの樋口達哉が作詞。

11.世界の言葉でアイ・ラヴ・ユー
作詞:片野順子/作曲:三枝成彰

世界中の皆が「愛してる」と口にすれば平和は訪れるでしょう。そんな思いを、各国の文化を紹介しているジャーナリスト、片野順子が詩に託しました。三枝成彰による、ア・カペラ(教会音楽様式)の曲も荘厳な雰囲気です。

12.ヒスイ jade
詩:寺山修司/作曲:信長貴富

今も根強い人気の詩人・芸術家、寺山修司が遺した詩「ヒスイ jade」。ザ・ジェイドのグループ名でもある“翡翠(ヒスイ)”をモチーフとした詩を、信長貴富が作曲。すでに合唱曲として人気の曲を信長自身がザ・ジェイドのために新たに編曲した“ザ・ジェイド・ヴァージョン”です。アルバムのラストを締めくくるかのように、最後にクライマックスを迎えます。

 

 

ページトップへ