Staff journal

<新着>

<月別履歴>

RSS

録音スタイル(TATSUYAさんの場合) / ふー子

録音スタイル(TATSUYAさんの場合)

最後は、樋口達哉さんでーす。

いつもお洒落な樋口さんですが、この日のシャツも素敵でした・・・

あれ?
マイクでシャツが隠れちゃってますね(××)

ゴメンナサイ
憂いを秘めた(?)横顔をご覧いただければ・・・

実は、スタジオブースの様子を映したモニターを撮影したのでした
(他の三人とアングルや立体感が違うのはこのためです)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いつもは、お客様の前で歌っているので
こんなふうにヘッドホンを付けたりして歌う機会が少ない彼らの
スタジオでの録音風景をお楽しみいただけたでしょうか?

2008/11/26 (水) 21:09:36 | この記事を表示

録音スタイル(JIROさんの場合) / ふー子

録音スタイル(JIROさんの場合)

そして、高野二郎さんでーす。

この日は、インディゴのシャツなど、全体にワイルドな印象!

でも、繊細な歌を熱唱していただきましたー

お顔がテカって見えるのは、スタジオが暑かったのかな。。。
いえいえ、熱唱のためですね、ハイ♪

(照明のせいでもあります・・・)

2008/11/26 (水) 20:58:10 | この記事を表示

録音スタイル(HIROYUKIさんの場合) / ふー子

録音スタイル(HIROYUKIさんの場合)

つづいて、成田博之さんでーす。

もともと知的な雰囲気をたたえていますが、銀縁メガネがインテリ風でさらに素敵♪

カメラを向けたら、メガネをはずそうとされたのですが、あえてメガネ姿を初(?)公開です☆



2008/11/26 (水) 20:50:09 | この記事を表示

録音スタイル(HIROSHIさんの場合) / ふー子

録音スタイル(HIROSHIさんの場合)

アルバム制作のための録音もいよいよ大詰め!

気がつけば、スタジオ録音の日はスタッフ側もいっぱいいっぱいで、録音風景などの写真を撮っていなかったです。

(もったいない)

ということで、4名の様子を撮影しましたので、1枚ずつご覧くださいませ♪

まずは、リーダー格の黒田博さんでーす。

セーター姿が少年のような(?)爽やかな雰囲気☆
舞台ではなかなかお目にかかれないスタイルですよね!

2008/11/26 (水) 20:45:54 | この記事を表示

ジェイドパワー炸裂 / ふー子

ジェイドパワー炸裂

この週末、写真撮影のため都内某スタジオにメンバーが集結しましたー

全員そろったのは、夜の10時!

ひさびさに4人集まると、メイク室はもちろん
カメラの前でもとまらない彼らのおどけた言動に
笑い声のたえない一夜となりました

(まぁ、いつもと同じなんですけど)

撮影中もスタッフは笑いをこらえきれず、爆笑の連続・・・

ベテランのカメラマンさんも
いつもはピリピリ張り詰めた現場が多いらしいのですが
「こんなに楽しい撮影は他にないよー」
とおっしゃっていました☆


とはいえ、彼らは、演技も得意なオペラ歌手!

超クールにポーズをきめたものから
優しい微笑み、そして
オペラの舞台上では見れない満面の笑顔まで
順調に撮影は進んだのでした◎

撮っていただいた写真は、近いうちに
このサイトでもきちんとご紹介できると思いますので
お楽しみにぃ♪

2008/11/17 (月) 20:22:01 | この記事を表示

TATSUYAさんからのMAIL / ふー子

TATSUYAさんからのMAIL

尼崎にいる樋口達哉さんからメールが届きました!
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

皆さん、こんにちは(^-^)/

今、兵庫県の尼崎に来ております。

昨日こちらで、プッチーニ作曲『蝶々夫人』にピンカートン役で出演しました。

今回は【高校生のための鑑賞教室】公演でしたので、1800人近くのお客さんは、ほぼ高校生。

彼らの反応って素直ですね。

もちろん開演前の会場は『わーわー、キャーキャー!』
まるで動物園かのようでした(笑)

客席が真っ暗になると、さらにエスカレート、指揮者が指揮台に上った時には指笛が加わり嵐のよう。
まさにロック・アーティストのライヴのようでした。

しかし、演奏が始まり進行するに連れて、会場はシーンと静まり帰りました。

最初は寝ているのかとも思いました(失礼!!)が、鼻をすする音が…。

ストーリーに入り込んでいるのですね。

公演終了後には、沢山の拍手が鳴り止みませんでした。

彼らの反応が嬉しく、こちらが感動してしまいました。

理解してもらえるものですね(^-^)

さて、カーテンコールでの僕に対する反応ですが…。
冷たい視線でいっぱい。

ピンカートンという役は仕方がないです…。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

高校時代からオペラ鑑賞、しかも感動体験できるなんて
尼崎の高校生がうらやましーです。

ピンカートン役だった樋口さんは、なんだかかわいそう(?)
次回はぜひ皆に愛される役で・・・

2008/11/14 (金) 18:45:06 | この記事を表示

JIROさんシークレットライブ? / ふー子

JIROさんシークレットライブ?

高野二郎さんが、来年1月3日に行われる
「第52回NHKニューイヤー・オペラコンサート」への出演決定をお祝いして(?)
シークレットライブ(?)をされたそーです!

新宿の白龍館という、知る人ぞ知る名店で

オペラ・アリア
ミュージカル
自身で作詞されたオリジナル曲
「ESSENCE」というソロアルバム収録曲などなど

そして

な、なんと

「手紙 〜ひとりバージョン〜」まで!!

 ↑ 他の三人がいないので仕方なく一人・・・
  (でも、聴いてみたい)

12月にも白龍館でのライブを計画されているようなので
「シークレット!」と言われない限り
事前にお知らせできると思います☆


「第52回NHKニューイヤー・オペラコンサート」には
今年に引き続き、樋口達哉さんも出演するので楽しみ♪

でも、何度も出演経験のあるベテラン黒田博さん曰く
「あれは何故か、すごーく緊張するんだよねー(汗)」とのこと

その緊張感をTVの生放送でも観れるけど
チケットも売り出したばかりなのでゲットできると思います

お正月をNHKホールで華やかに迎えたい方は
ぜひぜひお勧めです〜

2008/11/6 (木) 21:24:50 | この記事を表示

TATSUYAさんからのMAIL / ふー子

TATSUYAさんからのMAIL

樋口達哉さんからファンの皆様あてにメールが届きました!
----------------------

こんにちは〜(^-^)/

皆さま、お元気ですか?

去る11月1日に茨城県日立市において野外オペラに出演しました。

イタリアオペラの巨匠・ヴェルディ作曲の『アイーダ』ラダメス役です。

キャスト、合唱、バレエダンサー、俳優、子供たち、そしてオーケストラを合わせると、総勢300人以上の大スペクタル!

この公演は国民文化祭の一貫の催し物で、キャスト以外はほとんどが日立市民でした。

市民のパワーって凄いです!

外の寒さなんて吹き飛ばすようなエネルギーでした。

参加者全員の心が一致団結!

素晴らしい公演になりました。

とは言え、この時期の野外は寒かったです…(笑)

----------------------


ドラマティックな「アイーダ」のラダメス役は
樋口さんにぴったりのイメージですね。

野外公演ということで、1日が雨だと順延になる、と聞いていたのですが
“イタリアの太陽”=“晴れ男”が証明されて、よかったです♪

2008/11/4 (火) 19:49:04 | この記事を表示