Biography

樋口 達哉
樋口 達哉
クリックすると拡大
クリックすると拡大

※画像をクリックすると拡大表示されます

イタリアの太陽を想わせる華やかで輝かしい歌声のテノール

イタリア留学中に「エンリーコ・カルーソー国際声楽コンクール」最高位、「サンレモ国際声楽コンクール」特別賞など数々の賞に輝いた後、オペラデビュー。
ミラノ・スカラ座をはじめ、世界の著名な歌劇場・オーケストラと共演歴をもち、『椿姫』アルフレードなど常に主役を歌い話題をさらう。
イタリアの太陽を想わせる、華やかで輝かしい歌声と笑顔が魅力的なテノール。

福島県出身。武蔵野音楽大学卒業、同大学大学院修了。
二期会会員。

1998年ハンガリー国立歌劇場に於いて『ラ・ボエーム』のロドルフォ役で出演しヨーロッパデビュー。ロヴェレート市立歌劇場(イタリア)に於いても同役で出演。ドニゼッティ歌劇場(イタリア・ベルガモ)のオーディションに合格しコンサートに出演。

1999年ミラノ・スカラ座に於いてR・ムーティ指揮『運命の力』にソロ・パートで出演した。

メトロポリタン歌劇場管弦楽団との共演やオマーン王立管弦楽団、国立キューバフィルハーモニーオーケストラ、国立ヴェルディ音楽院、ロンバルディア音楽フェスティヴァル等、イタリアを中心に世界各地でオペラやコンサートへの出演を重ねる。

国内に於いても、2003年新国立劇場主催公演『トスカ』カヴァラドッシ、愛知芸術劇場主催公演『椿姫』アルフレード、2004年新国立劇場主催小劇場シリーズ『外套』ルイージ、北九州芸術劇場主催公演『仮面舞踏会』リッカルド、2005年新国立劇場主催小劇場シリーズ公演『ザザ』ミーリオ、新国立劇場主催公演『蝶々夫人』ピンカートン等、タイトルロールを含む大役を演じ、常に好評を博する。

また、2005年11月には、日生劇場『夕鶴』与ひょう役で新境地を開拓。

2006年新国立劇場『道化師』ペッペ役、同『カヴァレリア・ルスティカーナ』トゥリッドゥ、同『ドン・カルロ』レルマ伯爵/王室の布告者役で出演。日本オペラの歴史を回顧した「日本オペラ絵巻」にも出演(NHKで放送)。

2007年には、H・アール・カオス主宰の大島早紀子による演出・振付で注目を集めた2月の東京二期会『ダフネ』のロイキッポス役で、演出意図を見事に具現化した歌唱と演技で新聞紙上でも絶賛された。同年9月の同『仮面舞踏会』でリッカルド役が好評を博したほか、11月の日生劇場『カプレッティ家とモンテッキ家』でも要役として公演を成功に導いた。

2008年は1月の新国立劇場『夜明け(黒船)』、6月の同『椿姫』と相次いで出演を果し、9月にはコンヴィチュニー演出で注目を集めた東京二期会『エフゲニー・オネーギン』で青年レンスキー役を好演、特にオネーギンとの決闘を控えたシーンでのアリア「わが青春の日は遠く過ぎ去り」で観衆を魅了した。

2009年2月には宮本亜門 演出が話題となった東京二期会『ラ・トラヴィアータ』でアルフレード役を好演。6月に新国立劇場『修禅寺物語』、10月に東京二期会『蝶々夫人』(ピンカートン役)にも出演。2009年10月、六本木男声合唱団「サムライレクイエム」ソリストとしてパリ、ボルドー公演、2010年11月にはミラノの大聖堂、ヴァチカン・サン・ピエトロ寺院での公演に出演し好評を博す。

2010年7月、東京二期会『ファウストの劫罰』新制作(M.プラッソン指揮、大島早紀子演出 会場:東京文化会館)タイトルロールで主演。

2008年、2009年、2011年にはオペラ界のスターが一堂に集まる「NHKニューイヤーオペラコンサート」にも出演し、今後も更なる注目と期待が高まっている。

黒田 博
高野 二郎
樋口 達哉
成田 博之
高田 正人
北川 辰彦