Biography

高田 正人
高田 正人
ニューヨークのモダンな風を運ぶテノール

イタリア政府給費奨学生、国際ロータリー財団奨学生としてイタリア留学。文化庁在外派遣研修員としてニューヨーク留学。
NYではカーネギーのリサイタルホールにてコンサートに出演し大成功を収めるなど、二期会の次世代を担うテノール。

栃木県出身。東京芸術大学卒業。同大学院修了。二期会オペラ研修所第48期マスタークラス修了(優秀賞及び奨励賞受賞)。
第8回全国ソリストコンテスト優秀賞(声楽部門最高位)。
二期会会員。

2001年よりイタリア政府給費奨学生、国際ロータリー財団奨学生としてイタリアに留学。G・ニコリーニ国立音楽院に学ぶ。M・グロッピ女史、フランチェスコ・ダルテーニャの各氏の下で研鑽を積む。

イタリア留学中にはミュージカル『ウェスト・サイド・ストーリー』でトニー役を演じイタリアのオーケストラと共演、リベルタ紙に「オリエンタルの目を持つ美しいトニー」との見出しで大好評を得た。

その他ミラノ、ヴェローナ、ピアチェンツァなどでコンサートに出演。

また、2009年より、文化庁新進芸術家在外派遣研修員としてニューヨークに留学。メトロポリタン歌劇場音楽コーチのP・ヴァレー、ジュリアード音楽院のR・ヌヴァー等に師事。カーネーギーホール・ヴァイルリサイタルホールでのコンサートに出演し満席の客席からスタンディングオベーションでの喝采を浴びた。

これまでに小澤征爾音楽塾特別演奏会『カルメン』、文化庁新進音楽家育成公演『ポッペアの戴冠』、日生劇場『魔笛』、N響定期公演『ラ・ボエーム」などに出演。

二期会には2007年『仮面舞踏会」(O・レナルト指揮、粟国淳演出)でデビュー。

2009年『椿姫』(A・アッレマンディ指揮、宮本亜門演出)、2011年『サロメ』(ライフ・ワイケルト指揮、ペーター・コンヴィチュニー演出)などでも存在感の光る演技と歌唱を見せた。

2008年ウィーン国立歌劇場共催・東京オペラの森『エフゲニー・オネーギン』(小澤征爾指揮)や2010年サイトウキネンフェスティバル『サロメ』ではカヴァーを務め外国人キャストと共に青少年のための特別公演に出演、好評を得る。

めぐろパーシモンホール「これがオペラだ」シリーズでは『椿姫』アルフレード、『蝶々夫人』ピンカートン、『トゥーランドット」カラフで出演。

また文化庁主催「本物の舞台芸術公演」では『カルメン」のホセ役として全国に歌声を届けている。

その他『カヴァレリア・ルスティカーナ』トゥリッドゥ、『コシ・ファン・トゥッテ』フェランド、『ドン・ジョヴァンニ』オッターヴィオ、『こうもり』アルフレード、『ジャンニ・スキッキ』リヌッチョ、『チャールダシュの女王』エドウィンなどに出演。

コンサートではアンサンブル金沢公演パヴレ・デシュパイ指揮、シューベルト「変ホ長調ミサ」でデビュー後、ベートーヴェン「第九」、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「戴冠ミサ」、プッチーニ「グローリアミサ」などに出演。

ニューヨークやイタリア以外にも台湾や香港などでのコンサートに出演し、国際的に活躍している。

黒田 博
高野 二郎
樋口 達哉
成田 博之
高田 正人
北川 辰彦