Biography

成田 博之
成田 博之
クリックすると拡大
クリックすると拡大

※画像をクリックすると拡大表示されます

繊細で端正な歌声と豊かな表現力の多彩なバリトン

2003年「国際ミトロプーロス声楽コンクール」で最高位入賞、入賞者記念コンサートと表彰式がギリシャ国内でテレビ放送されるなど、国内外での数々の受賞歴を誇る。
『ラ・ボエーム』マルチェッロ役でイタリアの華を感じさせたかと思えば、現代オペラでは繊細な性格描写をみせる。
洗練された身のこなしと端正な歌声、豊かな表現力で、歌の世界を描き出す多彩なバリトン。

宮城県出身。国立音楽大学声楽学科卒業。同大学院オペラコース修了。
二期会オペラスタジオ修了。二期会会員。
文化庁オペラ研修所修了。

第8回日本声楽コンクール第1位。第69回日本音楽コンクール第3位入賞。同時に優れた日本歌曲の演奏者に授与される木下賞を受賞。第5回藤沢オペラコンクール第2位入賞など、数々の栄誉に輝く。

文化庁派遣芸術家在外研修員としてイタリア・ボローニャにてバリトンのパオロ・コーニのもと研修を積む。

2003年アテネで開催された「国際ミトロプーロス声楽コンクール」で最高位入賞(順位なし)。入賞者記念コンサートと表彰式がギリシャ国内でテレビ放送された。
これによりアテネ五輪の文化事業の一環として2005年アテネのヘロド・アティクス野外劇場でオペラ『エウメニデス』(世界初演)に出演した。

『フィガロの結婚』のアルマヴィーヴァ伯爵、『セビリアの理髪師』のフィガロ、『トロヴァトーレ』のルーナ伯爵、『カルメン』のエスカミーリォなどの他、『祝い歌が流れる夜に』や『那須与一』等にも出演。

1999年新国立劇場・二期会共催公演 原嘉壽子作『罪と罰』(初演)、2000年には二期会公演『魔笛』、2002年新国立劇場小劇場オペラ『賢い女』に出演。
古典から現代オペラまで幅広い作品で高い評価を得ている。

2003年秋には日生劇場開場40周年記念特別公演、ベルク『ルル』(3幕版/日本初演)でも絶賛された。

2004年にはサントリーホール・オペラ『トスカ』、2005年同『ラ・ボエーム』に出演し、世界的なアーティストに一歩も引けを取らぬ歌唱力で注目を集めた。

2006年二期会公演『ラ・ボエーム』マルチェッロ、2007年4月新国立劇場公演『西部の娘』ベッロに出演。

2009年春は錦織 健プロデュース・オペラ『愛の妙薬』の全国ツアー公演にベルコーレ役で出演。6〜7月、佐渡裕プロデュースオペラ『カルメン』(兵庫、東京、愛知)エスカミーリョ役、11月東京二期会「カプリッチョ」伯爵役で出演し好評を博した。

2010年11月、新国立劇場『アンドレア・シェニエ』ルーシェ、同12月、『トリスタンとイゾルデ』(大野和士指揮)舵取り等、注目の公演に次々と出演。

コンサートにおいても、ヘンデル「メサイア」、ブラームス「ドイツ・レクイエム」、フォーレ「レクイエム」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」や、ドイツ・リート、日本歌曲の演奏会などに出演し、いずれも好評を博す。

その他、NHK-FM「名曲リサイタル」にも出演し、聴取者を魅了している。

日本橋三越本店での2008年、2009年ニューイヤーステージでは自らプロデュースを手がけ、3日間にわたるステージの企画・構成も手がけるなど、演出面でも才能を発揮している。

黒田 博
高野 二郎
樋口 達哉
成田 博之
高田 正人
北川 辰彦