Biography

黒田 博
黒田 博
クリックすると拡大
クリックすると拡大

※画像をクリックすると拡大表示されます

スタイリッシュで優雅な魅力あふれるカヴァリエ・バリトン

二期会のトップ・バリトンとして名実ともに日本のオペラ界を牽引する存在。
モーツァルトの4大オペラから現代の新作までレパートリーは幅広い。
最近では、宮本亜門演出の『フィガロの結婚』で、誇り高く傲慢で男らしいアルマヴィーヴァ伯爵を演じて観客を魅了した。
スタイリッシュで端正な音楽と華のある舞台姿で、優雅な魅力あふれるカヴァリエ・バリトン。

京都府出身。京都市立芸術大学卒業。東京芸術大学大学院オペラ科修了。
1989年より2年間イタリアへ留学。
平成15年度京都市芸術新人賞受賞。二期会会員。

近年は、1999年2月新国立劇場『天守物語』図書之助、4月新国立劇場『こうもり』ファルケ、2000年8月二期会『真夏の夜の夢』ディミトリウス、2001年1、3月に東京とソウルで『虎月傳』、6、7月バーンスタイン「キャンディード」(宮本亜門演出)パングロス、2002年1月新国立劇場・二期会共催公演『忠臣蔵』堀部安兵衛、同年12月同共催公演『ナクソス島のアリアドネ』音楽教師などに出演し、実力を発揮した。

二期会50周年記念公演には、2002年『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(ベルギー王立モネ劇場提携公演)ハンス・ザックス、2003年『カルメン』エスカミリオ、と主要な役に相次いで出演、特にハンス・ザックス役の好演は高く評価された。

2003年日生劇場開場40周年記念特別公演『ルル』では難役シェーン博士および切り裂きジャックを演じ、2004年1月新国立劇場・二期会共催公演『俊寛』(市川團十郎演出)、7月二期会公演『ドン・ジョヴァンニ』(宮本亜門演出)にそれぞれタイトルロール(題名役)で主演。演劇性の高い舞台でその役割を十二分に果たした。

2005年は2月神奈川フィル『イル・トロヴァトーレ』ルーナ伯爵、7月新国立劇場鑑賞教室『蝶々夫人』シャープレスの他、9月シアター1010での『じょうるり』人形遣い与助では音楽誌等でも絶賛された。

2006年2月に新国立劇場『愛怨』若草皇子で出演。同年7月、東京二期会『フィガロの結婚』では得意のアルマヴィーヴァ役で舞台を牽引した。

2008年は5月に新国立劇場『軍人』に出演し公演の成功に貢献したほか、6〜7月の兵庫県立芸術文化センター公演(佐渡 裕 指揮)『メリー・ウィドウ』ではダニロヴィッチ伯爵で存在感を示した。9月には、世界的に高名な演出家ぺーター・コンヴィチュニーによる演出で注目の東京二期会『エフゲニー・オネーギン』にタイトルロールで出演し、愛に苦悩するオネーギン役を迫真の演技で熱唱、新たな魅力を発揮した。

2009年は6月に新国立劇場『修禅寺物語』(坂田藤十郎演出)で主演。常に聴衆の期待を裏切らない逸材である。

2010年6月、新国立劇場創作委嘱作品〈世界初演・池辺晋一郎作曲〉オペラ『鹿鳴館』影山悠敏伯爵に出演し存在感ある演唱で高い評価を得た。

コンサートにおいても、バロックから現代まで幅広く活躍。1997年8月には日米欧14人の作曲家による「和解のレクイエム」日本初演、2003年7月にはチョン・ミョンフン指揮、東京フィル公演でルイス・バカロフ「ミサ・タンゴ」日本初演の独唱を務めた。

黒田 博
高野 二郎
樋口 達哉
成田 博之
高田 正人
北川 辰彦